-

乗用車の【全損】とは文字通り愛車のすべてが壊れてしまった場合つまり走行することができないという状況の乗用車として機能を果たせなくなった場合に使われますが乗用車の保険で定義されている「全損」は多少同様ではないニュアンスが含まれていたりします。

保険における自動車が破壊された状況で全損と分損のように分けられ《分損》は修復のお金が補償内でおさまる状況を指しその場合とは逆に『全損』とは修理費が保険金の額より高くなる場合を表現します。

普通の場合、乗用車の修理で『全損』と言われると車の最重要のエンジンに重大な打撃を抱えていたり骨組みがいびつになっていて修理が不可能な場合リサイクルか廃車にするのが当たり前です。

ですが、自動車事故の後にディーラーや保険会社がかかる修復の費用を見積もりした時にどれほど見かけが綺麗で直すことが可能な場面でも修理のお金が保険よりも高ければ何を目的として自動車保険に加入しているのか分からなくなります。

そういった場合では、『全損』と判定して自動車の権利を自動車の保険屋さんに渡し保険金を受けとる条件になっています。

当然の事ですが長年所持した車で愛情があり、自分で直して所持したいという車の所持者けっこういますので事態にて自動車保険会社と話し合ってみるといいのかもしれません。

そして、 自動車保険にはそのようなケースのために特約等(全損)の時のために特約があるケースが存在したとえマイカーが(全損)なっても購入代金を一部分もってくれるケースも存在します。

さらに盗まれた際の補償額の特約をつけていたら盗まれた愛車がなくなった場面でも《全損》の扱いで保険が適用されるシステムになります。

Category

リンク