-

自動車の損害保険には自賠責保険ないしは任意保険に代表される2つの分類が存在します。

任意保険、自賠責保険の双方ともに、もしものアクシデントに遭遇したときの補償を想定したものですが、内容は少し違っています。

2つの保険を比べると補償が適用される事象が区別されているのです。

※事故の相手については、自賠責保険、任意保険どちらでも補償されるよう取り決められています。

※自分に関しては、<任意保険>のみで補償されるよう取り決められています。

※自分自身の財産については「任意保険」のみによって補償します。

自賠責保険それのみでは自らへの傷害もしくは車に向けた支援は受ける権利がありません。

次に相手への賠償などですが自賠責保険においては死亡してしまった時は上限三〇〇〇万円後遺障害を与えてしまった場合最大額で四千万円というように決められています。

しかし賠償金が前に述べた値段を上回ってしまうことはよくあることに注意しましょう。

さらに続いて事故の相手の所有する車ないしは建物を毀損したケースについては、害を加えた者による全くの自己補償とならざるを得ません。

そういった負担を防ぐため任意保険というものが重要になるのです。

危害を被った者に対するサポートを主な役割とする任意保険ですがそれとは一線を画す役目があるのです。

※事故の相手に対しては死亡時もしくは負傷だけでなく、クルマあるいは家といったものの対象物を補償するのです。

※自らに対しては一緒に乗っていた人も対象として、死亡時あるいは傷を補償してもらえるのです。

※自分の所有する財産へは乗用車を賠償します。

多様な面でサポートが抜かりないのが任意保険というものの長所です。

保険の掛け金の振り込みはどうしても必要となりますが相手のためにも自分を守るためにもマイカーに末長く乗りたいのであれば任意保険に契約しておきたいです。

Category

リンク