-

クレカを使用取りやめにする際のやりかただけならばとても取っ付きやすいことに違いありませんが、使用取りやめにするをする上で見ておきたい事についても頭の隅に入れておくだけでカードの契約解除申請の作業をうまく終えることが易しくなるでしょう。

箇条書きに記してみましたから出来れば、ご一読してみてほしい。

カード加入を完了させた後半年も経たずすぐに契約失効は危険…クレジット申請した後ただちに当のクレジットを契約解除申請した場合、信用のない顧客などとクレジットカード会社にの評価においてラベリングされるなどというアクシデントが起こり得ます(例外的に何度も手続き⇒契約失効を行った場合)。

特に契約成立時のプリペイドカードのプレゼント目当てのカード発行の際には、商品券もしくは優待券などという契約時の利点の全てをゲットしたというような理由で直ちにカード無効化をしたいと思うようになるような考えももっともです。

そうは言ってもカードサービス会社側の立場を基準にして見ればずる賢い人には決して自社のカードを持って迷惑をかけられたくないというように判断するとしても納得するしかないでしょう。

故に、万が一加入時のサービス・ポイント目当てでクレカをという代物を作ったケースでも即解約行わないで最低でも180日、より安全を期すならば1年の間は登録したクレカ自体を有効にしておくということをするべきだと念を押させて頂きます。

一方で入会時のプレゼントに限定されず、何の気なしに契約してみたが使用する機会がないのでなどというときであっても最低でも発行してから六ヶ月以上は届いたクレジットを有効な状態にするようにしておいてください。

カードをもらうサイドが予想するよりクレジットという品物を一から作成する用のマージンは生じてしまうものだと理解して、ほんの気持ち程度のゆとりを与えてあげよう・・・というように相手を気遣って余裕あるコミュニケーションを取って頂けるのならば良いように思います。

Category

リンク