-

交通事故があった時、自らが自動車事故の被害者でも、事故を起こした人が責任を少しも認めない状況はたくさん聞くことがあります。

意図的に起こしたかったのではなく注意が足りなくて相手の車を追突された場面などに、こういう水掛け論になってしまう状況がないとは言えません。

とは言っても事故現場で自動車のみの損害され何ヶ月か後に自覚症状が現われてから、病院の証拠書類を警察署に出すということは遅れを取るのは否めません。

そうであるなら交通事故の過失割合の結論にはどんな風な認定基準があるのでしょうか?しっかりと申しますと、警察が確定するのは主として車での事故の大きなミスが認識されるのはどちらの車かという責任の有無であって、「過失割合」ではないのです。

その上、明確にされた責任者が警察署から教えられる事は事態はないです。

そんな訳で、過失の割合は本人たちの調整の結果に応じて決められた、この事が損害賠償額の算定の基準となる訳です。

この場面で、両者共に任意の保険に加入していなかった場面では、お互いが面と向って協議するしかありません。

しかし、当然の事ながらそのやり方では、短絡的なやり取りになる状況が多くなります。

その上、お互いの言い分にギャップがあれば万が一の場合、訴訟にまでもつれ込みますが、それでは大切な時間と費用の甚大な無駄です。

これにより概ね互いの当人に付随する保険の会社、それぞれの自動車の保険会社に話し合いを任せる手立てで、適切な過失割合を慎重に決定させるのです。

そのような際、保険の会社は、過去の自動車での事故の裁判によって導きだされた判断から算出した元となるもの、判例タイムズをベースに、予想と協議を交えて過失の割合を計算します。

と言っても、車の事故の例では、遭遇したのか起こしてしまったのかには関係なく、最初に110番するのが重要です。

その後で、自動車保険の会社に電話して、これからの交渉を委任するのが順番となります。

ちゃんとした手続きさえ知っておけば双方の無意味なやり取りとなるケースを未然に防止できるに違いないのです。

Category

リンク