-

現金化する目的にて列車等の乗車券等を複数枚購買することカード現金化というもの使用しないで自ら換金を目的としてカード購入するということも同様です。

現金化するということを狙っているクレカショッピングについては、クレジットの契約条項違反扱いになってしまうことからです。

必要以上の電車の乗車チケットであったり切手通販においてのクレカ決済をすると、場合によっては換金が目的なのでは、などという風に警戒されてしまうケースなどもありますので配慮したほうが良いでしょう。

さらに、すでにキャシング額というものが上限となられている利用者の場合においては、電車の旅券を購入することだけでカード発行会社の連絡が入るということもあるから、経済的にきつい時のカード払いは出来なくされてしまうのでしょう。

困った場合において企てる内容はたいてい似たようなものであるのでしょう。

カードの発行会社の立場からみて不都合な利用の仕方をしてしまうこと過去に流行した『永久不滅』のようにクレジットカード発行会社にとって利益となり得ないような規約に違反した使用をした場合、カードの発行会社によって失効という処理がされてしまう事例などもあります。

インターネット上に話題となったクレジットカードポイントの不正搾取等の多くの人には知られていない秘密の手段なんていうが存在してもそんな方法は全てカード会社の規定に反することになるのでどんなことがあっても行なってしまわないようにしないほうがよいでしょう。

没収に関する内容は他のカード会社へ流れるクレジットを強制退会させられた場合でも違う会社のクレカについては使用可能から1枚くらいいいでしょう??などと考える人は今の情報流通社会ではその考え方が信用を失う危険性があるでしょう。

それは、失効扱いとなる状況ではクレジットカード発行会社各社が閲覧出来る個人情報というものへあなたの内容が更新されてしまうため事故を起こした人の信用というものは大きく下がるケースがあるため。

所有するたった1枚であっても没収させられた場合他のクレカでさえも審査に通らなくなることもありますし、最悪の場合現在持っているクレカを強制失効させられてしまう可能性もあるだろう。

強制退会とならずに継続して使用できるケースでも期限切れの時に継続利用できなくなると考えられます。

とにかく何回も記載しましたが、失効という扱いになってしまう使用は絶対にしないようルールを守ってご使用頂きたいと思っています。

Category

リンク