-

自動車の査定額を高くするのに、、中古車を売る時期、タイミングなども影響してきます。

乗り換えを検討しているマイカーをできるだけ損をすることなく乗り換えることを考えれば、数点のタイミングがある訳です。

中古車の買取査定の要点として重視されるものに走行距離がまず考えられます。

多くの場合走行距離は自動車の耐用年数と見られる場合もありますので、走行距離が長いだけ査定の際には欠点とされます。

走行距離が500キロと2万キロでは当たり前ですが中古車の売却価格は評価がことなります。

走行距離そのものは短いほうが自動車の査定額は増えますが実際はそんなに突っ込んだ目安はなく決まった目安で査定が行われます。

例えば普通車ですと年間標準走行距離10000キロが基準として10000km以上走っているとたいてい査定がマイナスとなります。

軽自動車ですと年間走行距離が8千kmがまた年式が古い割に走っている距離が相当短いという場合でも見積額が高値になるとも一概には言えません。

年式・走行距離での売却額査定の留意点は保有年数と比べて適切な距離を走っているかというところです。

中古車も例外ではありません。

さらに自動車の経過年数も車査定の注意点です。

しっかり把握してるという人がたくさんいると思っていますが、通常は年式は新しければ新しいほど査定には有利なのですが、稀にですがそのシリーズに特別な価値がある車種は、新しくない年式の車でもプラス評価で見積してもらえることもあります。

二つ目に車検も重要です。

当然車検というのはお金がかかりますから車検に出すまでの残り期間が大きいほど査定額は上がると思える人が多いかもしれませんが車検の前でも後でも中古車の買取査定にはあまり影響がありません。

軽自動車、走り屋仕様車水没車、などの処分する車のタイプタイプも売却額に関係を与えます。

車検に出す前は売却を検討するにはタイミングがいいです。

反対に査定を高くするために、車検を済ませてから査定に出そうというのはお金の無駄、評価されないということになります。

また業者に中古車を買い取ってもらう好機として2月と8月が狙い目と言われている時期です。

なぜなら、自動車買取店の決算の時期が3月と9月のところが結構多いからです。

1月に売ろうとしたら少し待って2月に中古車の買取査定を専門店にしてもらって手放すのもありだと思います。

それぞれの都合もあるでしょうから、皆が皆このようなタイミングで売却するというわけにもいかないのが実際だと思いますが可能ならばこうした時期に売りに出すのがよいかもしれません。

Category

リンク