-

自動車を売る際や、それから愛車の売却の時も印鑑証明という書類がなければなりません。

それではこの印鑑証明に関して説明しましょう。

印鑑証明というのは、実印で間違いないことを証明する目的の公式な書類です。

印鑑証明書がなければ使っている印鑑が実印として認められているということが裏付けられません。

個人にとっては相当高額な売買になる愛車の売買なので、必然的に実印が要ることになりますが、その際に印鑑証明という書類が出てきます。

役所で印鑑証明を実際に発行するには、まずは印鑑証明をしなければなりません。

印鑑証明書に登録する印鑑は通称、実印と呼ばれていて、この世に一つだけの印であることが条件です。

この印鑑を持って、近所の役所の案内係へいけば、印鑑登録をすることができます。

手続きが終わると印鑑登録カードを発行してもらえて、登録したハンコは実印ということになります。

印鑑証明書を発行してもらうためには役場の案内係で、専用の書類に必要項目を記載して印鑑登録カードを出すだけでできます。

そして、自動交付機でも印鑑証明の書類を交付してもらうことができます。

印鑑証明には有効期限はありません。

ですからいつの印鑑証明であってもその効力は半永久的に持続するのです。

ただ、クルマ買い取りの際は必須条件として3ヶ月以内に発行された書類とされています。

ほとんどの場合有効期限などはないですが車両の買い取りの時は買取先が必須となる有効期限を教えてくれるので、仮に中古車の買い取りの予定があるのであれば買い取り前に手元に置いておくとよいでしょう。

Category

リンク