-

カードを申し込むと月ごとに契約しているカード会社から利用明細書が送られてきます。

これらの利用明細を見るよう習慣づけていればどこのショップでいつ頃何の品にカード決済でいくら分費やしたのかにかかわる詳細事項が記載されているため、これまでの用いたリストを照会するにたいへん易しく実用的でもあります。

これだけで運用するにはある意味困難に違いませんが、手軽な収支記録っぽいものとして見ることもいいアイディアだし、貯金管理にも使えます。

上記のクレカ利用明細送付されてから一般的に一か月後経つか経たないかで請求金額の引き落としが実行されます。

送られてきたカード明細書を目ざとく見ていて、覚えのない項目一例として決済したこともないWEBサービスが記載されていれば、クレジットカード会社に電話をかけて尋ねれば済むことがほとんどです。

もしカード不正利用等の第三者による使用が確認されたような時でもカード所有者に問題がない限りは、ほとんどの問題はクレジットカード会社がその内容を請求しないようにしてくれます。

今日ではこのようなカード利用代金明細をWEB上で一覧できるカードが一般的です。

ある月にどのようなサービスを買ったかをチェックしておくことで不正に用心するのはもちろん、おこづかい帳としても使えて家計管理のようなこともこれで可能になります(ネットでクレジットカードの履歴を閲覧することができるところは前月よりまえの利用額やリボ払い適用の有無等も参照可能な場合が多です)。

クレカはカード利用以外の面でも十二分に力になるツールと言えるでしょう。

Category

リンク