-

思いつきもせず突然遭遇してしまうのが乗用車の事故です。

この状況で何をどうやって判断するかで車の保険料の支払金も全く差が出る状況も想像されますので冷静な決断と対応が大事です。

予測できない場面で冷静さを失ってしまったとしたら必要不可欠な対処を見落してしまい己がとても大きな損をするケースもありえるので交通事故をしてしまった時には以下に記述した作業するとよいかもしれません。

自動車の事故を起こした場合に最も初めにしなければいけないのが怪我人がいるかどうかのかを確認する必要があります。

乗用車の事故のすぐ後はパニックになってショック状態になってしまう場面があり直ちに行動を起こせないのが普通です。

だから、怪我をした人がいたならば安全なところに運んで応急手当を行って周囲に助けを求める等して怪我人最優先に努めることが大切です。

救急車に連絡する場合は適切な場所を伝えて良く分からない場合には周辺の分かり易いお店や交差点を知らせ事故が発生した場所が分かるようにします。

次に警察へ知らせて自動車事故を起こしてしまった事さらに簡単な状況を伝えます。

救急車とパトカーの到着を待っている時に事故の相手のことを聞きます。

氏名、住んでいるところ、電話番号、免許車のナンバー事故の相手側の保険の会社名等お互いの情報を交換します。

その時相手側に不手際があったような時にはその場で解決しようとする場合が存在しますが事故現場で片付けるのではなく、どういった状況だったにせよ警察署や自動車の保険会社届け、平等に確認してもらう事が欠かせません。

各々の情報を教えあったら他の交通の障害にならないように障害物を道からどけます。

もしも被害が通りかかった人の邪魔になっている場合には自分と相手の情報の交換をする以前にこの対応を行っても構いません。

その後自分が加入している保険会社に連絡して、事故があった事を報告します。

自動車の事故から特定の期間内に車の保険会社に連絡しておかないと、自動車の保険の適用外となる場面も想定されるのでなるべく時をおかずに電話をすることが重要です。

事故現場の跡として、デジタルカメラやタブレットなどを用いて現場や自動車の壊れた箇所が分かる写真をを写します。

この証拠写真は過失のパーセンテージ決めるかなり大きな手がかりとなるので、己の車や先方の乗用車の破損をしっかりとカメラに残しておきましょう。

この場面で第三者がいるのであれば警察の人や保険会社が駆けつけるまで現場に待機してもらうように呼びかけることも大切です。

Category

リンク